読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

子どもがぐずる時

子育てのイライラの大半は、子どもがぐずること。

これさえなければ、子育てはなんて楽しいのだろう(^^♪ 

 

6歳までの子どもがぐずるのは、こんな感じ。

・お腹が空く

・眠い

・甘えたい

・思い通りにならない

 

お腹がすきすぎると、ものすごく機嫌が悪くなる。

おやつをあげたり、早めにご飯にするも、機嫌が戻るのが大変。

早めに対処すると良い。

それか、楽しいことに気を向けると、空腹を忘れて遊ぶ。

 

眠い時は、欲求の嵐だ。

こんな時は、なんとか眠らせるに限る。

眠気がマックスになって眠れない環境だと、大変なことになる。

やっぱり、早めに対処するに限る。

小さいうちは、おんぶして歩く。

2歳頃からは一緒に布団に入るなど、眠れる環境をつくる。

 

甘えたい時は、抱っこしたり、一緒に遊んだりすると満足する。

家事の合間だと「あとでね~」と言ってしまいがちだけど、先延ばしにしない方が、ちょっとの時間甘えただけで、満足してくれる。

子どもはいつも「いま」を生きているのだよね。

 

問題なのが、思い通りにならない時。

 

自由な発言をするのは憲法でもかかげられている。

ワガママを言うのは、自己主張があって良いと思う。

 

でも、何がなんでもワガママを通そうとすると、イライラしてくる。

言う通りにしないでいると「なんで聞いてくれないの!」と怒られる。

ちゃんと耳を傾けているし、できない理由を述べる。

それでも、願望が叶わないこともあるのだとわかってくれない。

 

長男とは、私の方が伝えたい思いが強くて粘ってしまう。

かなり精神力を要するのだ。