読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

子どもの発達で気になること・その2

身長の次に心配なのが、歯のことです。

 

わたしは小さい頃、母がゴシゴシ仕上げミガキをしていました。

痛かったことが記憶に残っています。

そして、虫歯も多く、これまで何度も詰め物をしています。

 

傷つけたくないし、自然にまかせたいと思い、子ども達はハミガキをしていません。

 

長男は、幼稚園や小学校でも磨きませんが、次男はちゃんと磨いているようです。

その次男、実は上の前歯に虫歯があります。

 

母乳を飲みながら寝ると、虫歯になるようです。

長男と三男も白くなっています。


でも、次男だけは、なぜか前歯の間がスカスカなのです!

 

おそらく、家にいる間は常に食べたがるので、歯が酸性になり削れてしまうのかな。

幼稚園へ行き始めたので、その心配がなくなり、ほっとしています。

 

あとは、甘いものが大好きなこと。

 

以前は、手作りおやつだけでした。

 

でも最近は、お兄ちゃんが友達と遊ぶようになり、次男も一緒に行ったり、おうちに呼んだりします。

そうすると、市販の甘いお菓子が食べ放題状態です。

次男は、あるとあるだけ食べてしまうのです。

そのせいか、片方の歯が黒っぽくなっています。


健診では、生活習慣をつけるためにもはみがきをして、フッ素で虫歯予防をするように言われます。

 

フッ素は確かに虫歯になりにくいようですね。

でも、身体の骨にとっては良くない影響があると聞きました。

 

それに、子どもの頃の生活習慣で、大人の生活習慣は決まらないと思います。

親に言われてやることは、子どもが納得しない限り、大人になるとやらなくなるものです。

 

甘いものをやめられない次男ですが、虫歯がひどくならないことを祈るばかりです。