読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

こびと

夢なのか現実なのか、幼少期はそんなほんわかした中で生きている。

 

4歳の次男は今「こびとづかん」にはまっている。

こびとは本当にいると信じている。

 

「やまびこびと」に会いたいから山登りがしたい!

先週末から言っている。

でも、お兄ちゃんがインフルエンザで行けなかった。

今週末は行けるかな。

 

三男の1歳児が、あれこれ隠す。

昨日は、食べかけのスティックゼリー。

部屋を片付けても、みつからない。

 

「きっと、こびとのせいだよ」と嬉しそうに言う次男

 

今朝、本棚のふたに引っかかっているのを発見!

「こびとじゃなかったね」と残念そう。

こびとは屋根裏に隠すそうだ。

 

三男坊は、見ていない隙にうまく隠す。

長男も同じ頃、よく色々隠していた。

今は、長男&次男も加わり、目が多いのに、よくこっそり隠すものだ。

 

たいてい、使いたい時になくて気づく。

昨日はゼラチンがなくて、長男が見つけてくれた。

小さい椅子のカバーの中にあったらしい。

これは難易度が高い!

 

本当にこびとがいて、こそこそ物を移動していたら楽しいだろうな。

こびとがいて、鬼がいて、見えない何かがいて・・・

そんな世界を認識している次男

 

子どもの時って、世の中がまだよくわかっていないから、想像力もすごい。

大人になった自分には欠如してしまった、その感覚がうらやましくもある。

 

長男は、こびとに半信半疑。

「本当にいるの?」と聞いていたけど、今では信じていない様子。

 

この短い、ふんわりした時間に、想像力をいっぱいふくらませたいな。