読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

絵本の読み聞かせ・その2

絵本の魅力は「絵」、そして「言葉」!

 

普段使わないような「音」の宝庫である。

 

赤ちゃんの絵本には、面白い表現がたくさんある。

「もこ もこもこ」は、ユニークな絵と、言葉が楽しい。

 

電車の走る音の表現も、絵本によってさまざまで面白い。

長男が大好きだった「でんしゃはうたう」。

走っている時の音が、なんともステキに表されている。


絵本は、子どもの表現力や想像力をひろげてくれると思う。


でも、シュタイナー教育では、絵本は7歳までは読まない方がいいみたい。


なぜかと言うと、夢の中を生きている年齢だから。

劇は想像力を膨らませるけど、絵本は完成された絵を見てしまうから。


わかる気がする。


できるなら、そんな穏やかな、ぽわーんとした夢の中のようなところで育ってほしい。


昔なら、絵本を見るだけでも、刺激的だったのかもしれない。

でも今は、テレビはあるし、車は通るし、完成された物に囲まれている。

 

テレビの面白さを知ってしまったら、絵本の方が穏やかに感じる。


テレビや絵本など、何の刺激もなく育ったら、想像力は膨らむのかな。
そんな育児を、ちょっとやってみたいとも思う。

 

それでも、絵本は魅力的な芸術品だから、その世界を子どもに伝えたい。

 

そして、読み聞かせも、言葉を育むのには素晴らしいと思っている。

 

ドラマティックに読むのか、たんたんと読むのか。

 

演劇のように、役になりきって声色を変えて読むと、子どもは笑う。

 

逆に、歌のような文でも淡々と読むと、自分でメロディーにのせてる感じがする。