読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

絵本の読み聞かせ・その1

子どものおかげで、自分の世界観が変わることって、いっぱいある。

 

そのひとつが、絵本!

 

子どもが生まれるまで、わたしは絵本に対する思い入れがなかった。

大学時代、お気に入りの絵本を持っている友達がいた。

 

その面白さが私にはわからなかった。

 

それはたぶん、自分が小さい頃、絵本を読んでもらった記憶がないからだと思う。

母は自営で忙しかったし、祖母に預けられていた。

幼稚園で読んでもらう程度だったと思う。

 

そしてまた、読書の面白さもわからなかった。

 

高校時代になり、ようやく読書に興味を持ち、初めて完読!

夏目漱石の「坊っちゃん」だった。

 

大学時代に、小説に目覚め、その面白さに夢中になった。

それからは、図書館も好きになり、頻繁に本を借りて読むようになった。

 

子どもが生まれてからも、自分の本を借りるために、よく図書館に通っていた。

そこで出会ったのが、絵本の読み聞かせ。

 

まだ赤ちゃんだった頃から参加していたせいか、子ども達はみな絵本が大好き。

 

毎回、カードで借りられるだけ借りる。

しかも、3人いるので、結構な量になる。

 

紙芝居も借りられて、無料で読み放題。

なんて素晴らしいシステムなのだろう。

 

絵本の面白さ、それは、なんと言っても「絵」の面白さ。

まさに芸術である。

 

面白い絵は、子どもをとりこにする。

長新太さんの「おばけのいちにち」、リクエストされて何度も読んだ。

 

「100かいだてのいえ」シリーズ

絵が丁寧で、1ページをじっくり眺めていても面白い!

 

子どものうちから、芸術にふれられる機会があって、日本は恵まれている☆