読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

子育てについて思うこと・その1

子育てとは何なのか。

 

2人目までは、子育てに自信を持っていた。

どうしてそんなに自信があったのか自分にもわからない。

 

親への反発心からなのか、若かったからなのか。

まだ自分に余裕があったからなのか。

 

何事も恐れなかったし、面倒に思うこともなかった。

 

でも、三男坊が7ヶ月頃~自我が芽生えてくると、私の中の何かが変わり始めた。

 

子育てって何?

どうしてこんな大変なことをしているの?

なんのため?

いつまで続くの?

 

ふと、そんなことを考えては、ドツボにはまっていた。

 

私が思うに、3人の子ども達を、ひとりでみるのは無理なのだ。

そこで、手放すようになる。

そうすると、これまで自分が大切にしていた軸がぶれてくる。

 

それで、あれこれ疑問に思い始めたのかな。

 

毎日同じことの繰り返し。

ご飯を作り、配膳して、かたづける。一日に三度だ!

 

こぼすし、手づかみ食べの乳児は、その辺ご飯粒だらけ。

ぐちゃぐちゃの机の上と、床を片付けることになる。

雑巾がけを何度もやる。

 

子ども達のわがままに対応して、夜泣きで十分眠れず、自分の時間がなかった。

 

育児ノイローゼだったのかな。

 

これまで、人生ハッピー!いっぱい楽しもう!って生きてきた。

それなのに、子育てや、人生についても、本気で考えてしまったから大変。

答えのない問題をもんもんと考えて、ぐるぐる。

風邪で寝込み、気力が出なくて、立ち直れなかった。 

 

子育ての答えは見つからないもの。

もんもんと考えてしまったら、周りに頼って、自分をリセットしよう!