読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

おねしょ卒業!その2

次男の毎晩のおねしょ、良い対策がなくて、あきらめていました。

暑がりなので、オムツをするのはかわいそうだという気持ちが強かったのです。

 

そのうち、三男を妊娠。

自分の身体のことが優先になり、気持ちに変化が起きました。

 

もうコリゴリ。大変だからオムツをしてほしいと思い始めました。

 

そして「おねしょするなら、オムツをしてよ」と怒ってしまいました。

 

めんぼくない。

 

人間、限界まで我慢するのは、よくないですね。

我慢すると、怒りをコントロールできなくなると思います。

 

結果、怒ったことで、オムツをするようになりましたよ。

 

でも、すごく自然体な子なので、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

ようやっと、毎日の布団干し、シーツ洗いから解放されて、楽になりました。

赤ちゃんに影響しそうな私の気持ちは、平穏になりました。

 

それでも、オムツのくっつく感じが嫌みたいで、たま~にとっていました。

たまのおねしょなら、まぁいいや~と、オムツ外しを気にしなくなりました。

 

それから1年半ほど経つでしょうか。

4歳になり、ふと夜中、トイレに起きるようになったのです。

 

幼稚園の体験入園が始まり、お兄ちゃんという気持ちが芽生えたのか。

教室で、私と離れても泣かなくなり、友達と遊ぶことが楽しくなってきた様子です。

 

心が成長したのでしょうね。

 

「オムツをしなくても大丈夫だね~」という日が来て、ほっとしています。

夜中「一緒にトイレに行こう」と起こされたりはしますが。

 

とても心配した時期もありましたが、忘れた頃に、子の成長はやってきますね。