読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎でのんびり育児日記

千葉の田舎で、のんびり3人男子の育児しています。日常のあれこれをつづっていこうと思います。

フィンランドの教育

長男は、来年から小学生になる。

今、いちばん気になっているのが、学校のこと。

 

田舎でのんびり子育てがしたい。

子どもの自由を尊重したい。

自然の中で過ごす時間を大切にしたい。

 

そんな思いが強い。

 

だから、座っている時間が多くなり、遊ぶ時間が少なくなるのが心配。

 

南アフリカへ行った時、子ども達の目はキラキラしていた。

日本の子ども達の目は、キラキラしているかな?

 

これって、子どもの自由度なんじゃないかな。

目の輝きは、毎日が楽しいからだと思う。

 

「やらなければならないこと」がいっぱいあると、楽しみが減っちゃうよね。

 

学校は、「勉強しなければならないこと」がありすぎると思う。

 

勉強して、いい大学に入るため?

 

勉強したら、幸せになれるの?

 

フィンランドでは、幸せになるための教育をしているようだ。

しかも、世界でもトップレベルの学力を持つ。

 

マイケル・ムーア監督が取材した動画をYouTubeで見たら感動!

『勉強量=学力』じゃないんだ!

 

宿題がない。

統一テストがない。

 

だから、子どもは、帰宅してから、自由に遊ぶ時間が十分ある。

 

子どもでいられる時間は、短いんだもの。

めいいっぱい、楽しい経験をしてほしいな。

 

そして、もう一つ素敵なのが、公立高校のレベルはどこも同じこと。

 

教育でお金をとってはいけないらしく、私立は学校を作らない。

だから、裕福な親は、教育の質を求める。それで公立が変わったようだ。

 

思いやりの心は、そういうところで育つ。

みんなが同じ環境で育つと、みんなが幸せになれる社会になっていくんじゃないかな。